認識する

不眠症とうまく付き合うにはどうしたら良いですか?

睡眠のメカニズムはまだ詳しくは解明されていません。
睡眠をとることは体の機能を正常に働かせるためにとても重要だと言われており、睡眠は寿命や成長にも深く関係をしていると言われています。
睡眠をとることが大切だということはみなさんも十分に理解をしていると思いますから、眠れない日が続くととても不安になりますよね。

不眠症にかかると日中も眠気がとれずに注意力や集中力が低下するため、仕事や日常生活に支障をきたす場合があります。
注意力や集中力の低下から事故を起こしたり、うつ状態になると最悪の場合は自殺を考えることさえある危険な病気です。

しかし不眠の状態が続く大きな原因は眠れないことを気にして精神的に不安になるためだと言われているため、必要以上に意識をすることは逆効果になります。
また不眠症になる原因は性格とも深く関わっているため、病院などで薬を処方されて一時的に症状が改善されたとしても何かしらのきっかけによって再び不眠症になる可能性が高いと言われています。
つまり、不眠症になりやすい人は不眠症とうまく付き合いながら生活をしていく必要があるのです。

不眠症とうまく付き合うために大切なことは自分が不眠症であることを受け入れて、まずは病院を受診することです。
不眠症の治療は心療内科や精神科、神経科や内科などで診察を受けることができます。
不眠症はさまざまな原因が考えられるため多くの病院で治療が可能ですが、心療内科や精神科に抵抗がある人はまずは内科を受診すると良いでしょう。

不眠症にかかりやすい人は責任感が強い場合が多いので、不眠が続くことによって翌日の仕事や日常生活に影響が出ることをとても気にしてしまいます。
不眠の症状を改善するためには不安を解消することも重要になりますので、病院で受診をして睡眠薬などの薬によって眠れるようになることで、気持ちが落ち着く可能性が高いのです。

また、寝る前にリラックスをした状態を作ることも大切です。
湯船にゆっくりとつかって体を温めてから寝るのも効果的です。
ゲームやスポーツ観戦などは脳を興奮させる可能性がありますのでお勧めできませんが、音楽を聞いたり温かい飲み物を飲むなどの自分なりのリラックス方法を見つけて試してみるのも良いでしょう。

このページの先頭へ